2016 8月 29 By admin 0 comment

中古車を購入する時に少し不安がよぎることはないでしょうか。不安になる原因は車の『程度』、つまり車の現在の状態を漠然と不安に感じているからではないかと思います。

中古車を購入する際に最低限チェックしておきたいのは交換が必要になる『消耗品』です。消耗品の摩耗やヘタリを車の購入前に見つけることができれば、摩耗した消耗品を新しいものに交換した後に納車してくれる場合があります。

中古車は誰かが乗っていた車が一旦持ち主から離れて再度流通・販売しているものです。ファンベルトやバッテリー液などは以前乗っていた持ち主のままになっていることが多いのです。その点に注意して車を見ていくというのも賢い購入方法ではないでしょうか。

納車された後に消耗品の摩耗を見つけると、その交換代は今の持ち主である方の負担となってしまいます。購入後にいらない出費を少しでも抑えるためには、購入時の車の状態確認と同時に消耗品の摩耗具合やヘタリなどをしっかりチェックしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です